コーヒー豆販売 Coffee SAKURA

« 2005年06月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月27日

コーヒー豆のハンドピック

CIMG0897.jpg

焙煎したてのコーヒー豆を選別しています。ハンドピックといいますが、実はこの焙煎時間よりも、このハンドピックの方が時間が掛かるんです。

続きを読む "コーヒー豆のハンドピック" »

投稿者: sakura

2006年02月25日

コーヒーの名前 モカの場合

「モカ」っていうコーヒーは有名ですね。
コーヒーといえばモカという人は結構多いです。
独特の甘い花のような風味が特徴です。

「モカ」は中東の国イエメンの港の名前で、イエメンで採れたコーヒー豆はモカ港から、世界に出荷されていました。

続きを読む "コーヒーの名前 モカの場合" »

投稿者: sakura

2006年02月20日

コーヒーのカップテストの仕方(SCAA方式)

日本酒でも、ワインでも、日本茶でも品評会がありますね。

コーヒーも同じように、カップテストで豆の品質を味覚で検査・評価します。

でも、いろんな本を読んでも、カップテストのやり方が具体的に書いてあるものは少ないです。

第一お湯の温度が書いてないんです。

で、ここでアメリカスペシャルティーコーヒー協会のカップテストの方法を簡単に説明しますね。(昨年教えていただいたばかりの最新情報!!)
a1332317.jpg


・コーヒーは焙煎したて(24時間以内で、焙煎後8時間経過したもの)
・焙煎度合いはライトからライトミディアム(結構浅煎り)
・11gのコーヒーをカップテストの直前に挽く
・注ぐお湯は200cc(本来は、150ccあたり8.25g)
・沸騰したお湯を93度に冷まして注ぎます
・水は軟水は不可。水以外の成分が1万分の125~127パーセント
・一気にお湯を注いだら、3~5分待ってから、スプーンで攪拌
・コーヒーの粉が沈殿したら、上澄みのあくなどをスプーンで取り除きます。
・ある程度、コーヒーが冷めてきたら、スープスプーンなどでコーヒーをすくって思いっきりすすります。(いちおうコーヒーのカップテスト用のスプーンが市販されています)
・口の中でコーヒーを霧状にします。
・すすったコーヒーは吐いて捨てます。

といった具合。
この「すする」のが難しい。
上手い人は沢山いますが、国際的なコンテストを見てみるといろんなすすり方があるようです。
沢山テストしても、いつも正確に味が確認できればよいようです。

ちなみに、僕は飲んじゃいます。^^
飲んじゃうと、しばらくすると味覚がずれてしまいますけどね。
これから、上手くなるように練習しますね。

続きを読む "コーヒーのカップテストの仕方(SCAA方式)" »

投稿者: sakura

2006年02月の記事一覧