コーヒー豆販売 Coffee SAKURA

« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月30日

真実

エチオピアでは、カリオモンという儀式があります。「カリ」とはコーヒーの葉、「オモン」は共にという意味で、コーヒーの伝統的な飲み方とされています。

以前から不思議だったのですが、伝統的というわりに、いつも見るカップは磁器ばかり。中世では、中東やヨーロッパには磁器はなかったはずなんです。

昨日、コーヒーの師匠に会ったときに聴いてびっくり。実はわずか2~300年の歴史しかないとのこと。そして、師匠が現地で購入されたカップには、中国製のものやドイツ製のものと思われる印字が!

ちまたで売られているコーヒーの書籍には、いかにも1000年以上前からあるような伝統的な儀式のように書いてありますが、実は日本のお茶の文化の方がずっと古く、伝統が受け継がれているようです。

続きを読む "真実" »

投稿者: sakura

2006年11月23日

手軽な缶コーヒー

 コーヒーは無香料時代。その他にも、挽き立て工房など、本当に沢山の缶コーヒーが売られています。

 すぐに温かいコーヒーが飲めて、とっても便利。UCC上島珈琲が1969年に開発し,翌年の大阪万博で販売されたのが始まりといわれています。発売後まだ36年なんですよ。

 本格的にコーヒーを淹れようとすると、新鮮なコーヒーを用意しお湯を沸かし、豆を挽いて丁寧にハンドドリップ。そして、お気に入りのコーヒーカップでホット一息。手間と時間がかかります。

続きを読む "手軽な缶コーヒー" »

投稿者: sakura

2006年11月15日

バリスタ

最近、バリスタという言葉をよく聞きます。でもバリスタって一体なんでしょうか?

「bar」。日本人なら、「バー」と発音しますね。
英和辞典で意味を調べると、棒状のもの、障害、酒場, バー、酒・軽食の売り台と、いろんな意味があります。

イタリアでは、「bar」をバールと発音し、コーヒースタンドを意味します。(他にも意味があるかもしんないけど。)

続きを読む "バリスタ" »

投稿者: sakura

2006年11月の記事一覧