コーヒー豆販売 Coffee SAKURA

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月28日

せともの

愛知県瀬戸市。
県外に行くと瀬戸内海の町かと間違えられることもありますが、2005年には愛・地球博の会場にもなり、国際的にも少しは有名な町になったと思います。

そして、瀬戸市は、瀬戸物の町でもあります。
陶磁器を通称、せとものと言うくらい、瀬戸物の産地として有名で、市内にはあちらこちらに焼き物の窯が数多くあります。

陶磁器とコーヒーは切っても切れない関係で、コーヒーカップの歴史には、伊万里焼がヨーロッパに輸出されていた時代もありました。

こんな瀬戸市で、コーヒーの仕事ができて、とても嬉しく思います。

そして、当店のお客様にも陶芸家の方が何人かいらっしゃいます。

今回は、ある女性の陶芸家をご紹介したいと思います。
僕も何度か工房にお伺いしたこともありますし、そこで陶芸体験教室にも参加させていただきました。

続きを読む "せともの" »

投稿者: sakura

2010年01月21日

ギシルコーヒー

 イエメン。
 中東にある歴史ある国で、大変古くからコーヒーが栽培され、人々に飲まれています。
 イスラム教の聖者シーク・オマールのコーヒーの発見伝説も語り継がれています。

 そんなイエメンでは、2種類のコーヒーが飲まれています。ひとつはブンと呼ばれ、普段私たちが飲んでいるコーヒーと同じコーヒーの木の種(コーヒー豆)を原料としています。
 もう一つが、ギシル。コーヒーの実から種を取り除き、果肉を乾燥させたものを原料としたコーヒー。
 コーヒー発祥の地といわれているエチオピアの一部でも飲まれていますが、その他の地域では飲むことができません。

 ところが昨年、世界で始めて両地域以外の国でギシルコーヒーが発売されました。

 それは、日本。

 岐阜県瑞浪市にある自家焙煎コーヒー店の待夢珈琲店が、取り扱いの難しいギシルの輸入に成功しました。

 以下、待夢珈琲店ホームページより抜粋。

続きを読む "ギシルコーヒー" »

投稿者: sakura

2010年01月14日

ほっとすること

ほっとすること。
これが、体と心に大変良いのではないかと、最近感じております。

ヨガや呼吸法を初めて約1年。

最初は全く分かりませんでしたが、普段、随分必要以上に余計な力が入っているということに気がつきました。

座ってじっとしているだけでも、意外にお腹に力が入っているのです。
その余分な力はスムーズな呼吸を邪魔してしまいます。呼吸は内臓を刺激して血流をよくし、腸の運動を助けているようですが、お腹に力が入っていると、その働きが阻害されてしまう気がします。

続きを読む "ほっとすること" »

投稿者: sakura

2010年01月の記事一覧

  • コーヒーカップの取っ手 [1月 7日 21:18]
    1645年、ヨーロッパ初のカフェがベネチアに誕生し、その後イギリス、フランス、そしてドイツと数十年間でヨーロッパ中にカフェが広まっていきました。