コーヒー豆販売 Coffee SAKURA

« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月27日

コーヒーのカッピング

サイフォンコーヒー


先日、コーヒーのプロやコーヒー愛好家を交えて、コーヒーのカッピング会を行いました。

コーヒーの味をチェックするティスティングのことで、僕たちはカッピングといっています。

カップにコーヒーの粉を入れてお湯を注ぎ、一定時間経過してから上澄みをすすって、味の確認をします。

当店では焙煎の都度、その場にいるスタッフ全員でカッピングをして味の確認をしています。

また、仕入先で、コーヒーの味の確認をするときにもカッピングをしています。

続きを読む "コーヒーのカッピング" »

投稿者: sakura

2013年11月20日

ドリップコーヒー

現在となってはドリップコーヒーは当たり前ですが、1800年ごろまでは、コーヒーを煮出しその上澄みを飲んでいました。

その後布の生地で濾しながらお湯を注ぐことがなされ、ネルドリップは1821年にイギリスで始められたと言われております。

200年と少しという、コーヒーの入れ方の歴史に驚かれるかもしれません。

その後、さまざまなコーヒーの入れ方をされるようになりました。

続きを読む "ドリップコーヒー" »

投稿者: sakura

2013年11月13日

食品偽装問題 コーヒーについて

少し前、食品偽装問題のニュースばかり報道されていました。

信頼できない世の中っていうのは、なんだかとっても寂しいですね。

ところで、コーヒーはどうなんでしょうか。

遥か彼方の途上国に頼っているコーヒー豆の品質は、きちんとした農家、取引業者、倉庫業者、運送業者によって、安全と品質が確保されていると思います。

そのためには、きちんとした対価を払うべきだと思います。それがフェアなトレードにもつながります。

JASなどの基準は当店ではそれほどあてにはしていません。

取引業者と連絡を密にしてきちんとした情報を得て、時には採算度外視して生産国や現場に赴く。この考え方は間違ってないと最近の食品偽装問題を眺めて改めて感じ、自分の責任の重大さを感じました。

続きを読む "食品偽装問題 コーヒーについて" »

投稿者: sakura

2013年11月の記事一覧

  • サイフォンコーヒー(siphon) [11月 6日 14:30]
    サイフォン(siphon)は、チューブという意味。気圧を利用してコーヒーを入れるので、海外ではバキュームコーヒーとも言われます。