図解コーヒーの入れ方(モバイルバージョン)

1.ヘ゜ーハ゜ーフィルターを折る
”コーヒーの入れ方”></p

フィルターの強度を保つため、(1)底辺の接着部分を折り、次に(2)側面部分を逆方向に折りト゛リッハ゜ーにぴったりセットします。
紙は空気中のにおいを吸収するのでほかっておくと臭くなります。紙フィルターは空気を通さない袋に保管しておくのがおすすめです。

2.粉をセットする
”コーヒーの入れ方”></p

人数分の粉をト゛リッハ゜ーに入れ軽くゆすって表面を平らにします。
中心に少し窪みをつけるとト゛リッフ゜しやすくなります。
<コーヒー豆の量>
1人分 16g
2人分 24g
3人分 32g
(大さじ一杯で、約5gです)

3.湯をさます
”コーヒーの入れ方”></p

沸騰したお湯を90℃までさげる。
※ 沸騰したお湯を火からはずし2~3分おいておくと、大体適温の90℃になります。
お湯の温度が高すぎるとエク゛味や苦味が出やすく低すぎるとおいしい成分を出しきれず、薄いコーヒーになってしまいます。適温のお湯を使うのがコツ。

4.コーヒーを蒸らす
”コーヒーの入れ方”></p

お湯を中心からうずまき状に粉全体が湿る程度に注ぎ20~30秒蒸らします。
お湯は低い位置から粉にそっと置く感じで注ぐのがコツ。粉をふやかしてエキスを出しやすくすることが目的です。乾いているところがないように!!

5.おいしい成分を抽出
”コーヒーの入れ方”></p

お湯を中心からうずまき状に細くそ~っとゆっくり注ぎ出来上がり量の2/3まで抽出します。
ト゛リッハ゜ーの淵までお湯をかけないようにするのがコツ。コーヒーの壁が崩れてしまい、そこからお湯だけが流れて薄いコーヒーになってしまいます。

6.量を調節する
”コーヒーの入れ方”></p
残り1/3は、お湯を中心から、うずまき状にたっぷりゆっくり注いで分量に達したらト゛リッハ゜ーをはずします。
最後まで落としきってしまうと豆の雑味まで抽出されてしまうので、ト゛リッハ゜ー内にお湯が残っている状態ではずすのがコツ。
”コーヒーの入れ方”></p

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする