第50回コーヒーサロン開催 in 名古屋

第50回コーヒーサロン
今月末、名古屋にて第50回コーヒーサロンが開催されます。

中南米の小さな国エル・サルバドルはコーヒーの産地として日本ではよく知られていますが、1970年代後半から90年代初めにかけて内戦が起こるとコーヒー産業が衰退していったことはあまり知られていないかもしれません。
コーヒーは平和ととても深くつながっています。
50回目を迎える今回のコーヒーサロンでは、JICA (国際協力機構)のエル・サルバドルに対する開発支援を取り上げ、コーヒーがエル・サルバドルの救世主となるか考えてみたいと思います。
(エル・サルバドルはスペイン語で「救世主」を意味します)

<プログラム>
1.川島良彰((株)ミカフェート):「エル・サルバドル国立コーヒー研究所の思い出」
2.藤城一雄(JICAエルサルバドル所長):「中米の日本、エルサルバドル:内戦、移民、人々そしてコーヒー」
3.エル・サルバドル・コーヒーの試飲
4.金子智広(東京大学大学院):「”Cafe de El Salvador”復活へ -ブランド力向上への挑戦-」
5.稲葉誠(JICA国際協力専門員):「ルワンダコーヒー報告:JICAの平和構築への取り組み」

日時 2018年3月24日(土) 14時~17時(13:30 開場)
場所:JICA中部 なごや地球ひろば セミナールームA1-3
住所:名古屋市中村区平池町4丁目60-7
(https://www.jica.go.jp/chubu/office/access_map.html)
定員:70名(無料) 終了後懇親会(先着40名 費用3500円)を予定。
お申込期限: 2018年3月17日(土)
お申込み方法:下記のサイトからお願いします。
https://goo.gl/PPDHKb
主催:コーヒーサロン(http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~ikemoto/sub3.htm)
国際協力機構(JICA)
日本サステイナブルコーヒー協会
協力:コーヒーアミーゴス中部

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする