コーヒー豆販売 Coffee SAKURA

HOME >> コーヒーのつぶやき >> 中国のコーヒー需要増加がもたらす日本の影響

2007年01月08日

中国のコーヒー需要増加がもたらす日本の影響

 中国のコーヒー需要が伸びているようです。
 上海在勤の外国人の消費量が増えているの思われますが、この10年で、消費量は倍。
 ただし、一人当たりの消費量は日本人の0.5%以下とのこと。

 全世界60億の人口のうち、6分の1を締める中国。

 中国は輸入物品に高い関税をかけていますが、今後関税が大幅に下がる予定です。
 中国市場が日本のコーヒー市場に与える影響は、大きいと思います。

 品質の良いコーヒーを大切に飲む。これを大切にしていきたいです。

あるホームページに記事があったのでご紹介します。
http://www2.explore.ne.jp/news/article.php?id=5327&r=bj

 中国初のコーヒー専門市場「三一国際コーヒー城」が広州に誕生した。これまでに、30あまりのコーヒー生産業者が入居している。
 中国ではいまコーヒーの消費量が増えている。2003年のコーヒーの消費量は19080トンで、1995年と比較すると倍になっており、中国人がコーヒーを飲みだしていることがわかる。一人当たりのコーヒー消費量は、14.7グラムで、米国人の0.35%、日本人の0.49%にすぎない。そのために、潜在的な市場は大きいと見られている。
 WTOの約束で、中国では近い将来にコーヒー原料の輸入にかかる関税が大幅に下がることになっており、生産設備も大量に導入される見込み。
2007年度はコーヒーの消費量が40%近い増加を示すと国際コーヒー協会では予想している。


おいしいコーヒーコーヒー豆通販のSAKURA 愛知県瀬戸市みずの坂5-123
コーヒー豆知識コーヒー豆販売 Coffee SAKURA|愛知県



投稿者 sakura on 2007年01月08日 14:59|TOPページへ   ▲画面上へ

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):