コーヒー豆販売 Coffee SAKURA

HOME >> コーヒー豆の種類

2016年04月28日

タイのコーヒー10種類飲み比べ

タイのコーヒー

4月23日に、名古屋のコーヒー専門店CAZAN神の倉店で、タイコーヒーの飲み比べをしてきました。

主催はコーヒーアミーゴス中部というコーヒー愛好家団体で、私自身も積極的に活動に参加させていただいてます。

タイのチェンマイにあるHIill Koffで購入したチェンライのDOI CHANG (ドイチャン)や、チェンマイ、ラムパーン、ルイ地区のコーヒー豆10種類を、マウンテンコーヒーさんで焙煎してもらいました。

タイのコーヒーは何度か飲んだとこがありますが、まだまだ日本ではなじみのないコーヒーです。

続きを読む "タイのコーヒー10種類飲み比べ"

投稿者: sakura TOPページへ   ▲画面上へ

2016年02月21日

インスタントコーヒー工場の見学

インスタントコーヒー

少し前、コーヒー愛好家グループ「コーヒーアミーゴス中部」のイベントで、AGFさんの工場見学に行ってきました。

昭和45年に作られた工場で、インスタント、スティック、ボトル、ドリップバッグ、レギュラーなど一通り作っている世界的にも珍しい総合コーヒー工場とのことです。

10年程前から三重県鈴鹿市にあるこの工場にいってみたいと思っていましたので大変楽しみにしていました。

インスタントコーヒーは1960年にマックスウェルという名前でAGFより発売され、その後1978年になってから、レギュラーコーヒーが発売されたとのことで、驚きました。

きっとその当時は、自宅でコーヒーを入れる文化も、コーヒー自体も浸透していなかったんですね。

続きを読む "インスタントコーヒー工場の見学"

投稿者: sakura TOPページへ   ▲画面上へ

エチオピアのコーヒー モカのグレード

日本では、アフリカにあるエチオピアと、アラビア半島にあるイエメンで栽培されたコーヒーをモカと呼んでいます。

16世紀前後に両地域で栽培されていたコーヒーが、イエメンのモカ港から出荷されたため、そう呼ばれています。

そのうちエチオピアコーヒーはグレードがG1~G8まで分類されています。コーヒー生豆の欠点数が少ないものがG1となります。

また、そのうちイルガチェッフェという地域で栽培されているコーヒーは水洗式という方法で精選されG1とG2の2種類になっています。(この地域のコーヒーは欠点豆が少ないのが特徴です)

続きを読む "エチオピアのコーヒー モカのグレード"

投稿者: sakura TOPページへ   ▲画面上へ

コーヒー豆の種類カテゴリーの記事一覧