コーヒー豆販売 Coffee SAKURA

HOME >> 焙煎 >> ご家庭でコーヒー豆焙煎!

2006年05月18日

ご家庭でコーヒー豆焙煎!

 コーヒー豆は焙煎して、あの甘~い香りが出てきます。
 焙煎というのは、火や熱であぶることです。

 コーヒー豆以外にも、ゴマやほうじ茶も焙煎します。
 コーヒー豆の焙煎は、ゴマを煎る感覚でご家庭でも簡単にできるんですよ。
 簡単に説明します。

1 まず、コーヒー生豆を用意します。コーヒー生豆(なままめ)というのは焙煎していないコーヒー豆で、自家焙煎のコーヒー店で分けていただけるところがあります。当店でもお分けしています。

2 その豆をゴマ入り器やフライパンなどに入れて火であぶります。表面が焦げないように、火力を調節したりコーヒー豆を転がします。

3 しばらくすると、コーヒー豆の水分が抜け始めて水蒸気が出てきます。このとき、青臭~い匂いがします。

4 5分ほど煎ったときに、コーヒー豆がキツネ色になる様に火力を調節。

5 10~12分ほどで、コーヒー豆が茶色く色づき始め、パチパチとはぜます。これを業界では「1ハゼ」といってます。とても、香ばしい良い香りが漂います。このとき、コーヒー豆の表面の薄皮も剥がれて周りに散らかりますが、気にせず焙煎します。

6 一旦ハゼなくなり、15~16分ほどで、今度はピチピチとハゼます。これを業界では、「2ハゼ」といってます。

7 2ハゼが始まってしばらく(30~60秒)で焙煎を止めます。お好みで2ハゼが終わるまで焙煎すると深煎りのコーヒーになります。逆に、2ハゼが始まってすぐに出すと酸味のあるコーヒーができます。

8 すぐにザルなどにコーヒー豆を移し、ドライヤーの冷風を当てて、コーヒー豆を冷却します。すぐに冷却しないと、焙煎の余熱で香りが抜けてしまいます。

9 完全にコーヒー豆が冷えたら、出来上がり!

 皆さんも是非試してみてください。
 熱源を炭にすれば、こだわりの自分だけの炭焼きコーヒーができます。
 キャンプなどで試しても楽しいですよね~。


おいしいコーヒーコーヒー豆通販のSAKURA 愛知県瀬戸市みずの坂5-123
コーヒー豆知識コーヒー豆販売 Coffee SAKURA|愛知県



投稿者 sakura on 2006年05月18日 21:47|TOPページへ   ▲画面上へ

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):