コーヒー豆販売 Coffee SAKURA

HOME >> コーヒー旅行記

2016年04月21日

中国上海のカフェ視察

上海のカフェ
上海のカフェ


2016年3月、コーヒーの展示会(Hotelex)と世界大会が上海で行われましたので行ってきました。(ちなみに世界大会といっても選手ではありません。国内予選落ちしております。笑)

名古屋から上海までは飛行機で2時間、運賃は往復27千円ほどで、国内の移動とかわらない感覚で行くことができました。

妻を始め、お店のスタッフにも、店舗運営をお任せすることができ安心して行くことができました。(しかし実は出かける前にミスをしてしまい、スタッフたちに迷惑をかけることに・・・。いつもすいません。ここで謝っときます。)

さてさて本題ですが、上海へは初めて行きますが、実は10年以上前から中国のコーヒー市場には興味がありました。サンプルも送ったことがあります。

続きを読む "中国上海のカフェ視察"

投稿者: sakura TOPページへ   ▲画面上へ

2016年04月17日

World Coffee Roasting Championship 2016

コーヒーの実


3月29日から4月1日にかけて、コーヒーの焙煎世界大会が上海で行われました。

この大会は2013年から始まり、今年で4年目(4回目)となります。

世界各国から選抜された12名の焙煎士が、技術を競い合います。


写真は選手が焙煎をしている様子。焙煎の温度や時間、火力などは全てデータとしてリアルタイムで収集され手前右のモニターに映し出されます。

大会会場には、ディードリッヒという焙煎機2台が設置され、持ち時間を与えられた選手たちは交代で焙煎します。

続きを読む "World Coffee Roasting Championship 2016"

投稿者: sakura TOPページへ   ▲画面上へ

2014年11月05日

タイのコーヒー文化

タイはコーヒーの生産国として、年々生産量が伸びています。

しかし、世界中の様々な国のコーヒーが飲める日本で、あまりタイのコーヒーを見かけることはなく、タイで生産されたコーヒーは、多くが国内でコーヒーが消費されているようです。

タイでコーヒー栽培が盛んになったのは、現在の国王のお母様が、タイ北部でコーヒー栽培を奨励し、財団を作ったことが大きな要因と思われます。近年になり、タイの経済が発展するのに合わせるように、コーヒー文化も発展しています。

ドイ・トゥン、ドイ・チャンというブランドが有名です。(ドイというのは山、トゥンというのは旗、チャンは象という意味)

日本のコーヒー栽培のスペシャリストもタイコーヒーの品質向上のため、現地でアドバイスがなされており、私の知り合いも2003年ごろよりコーヒー栽培をするための費用を援助しています。

今後、もっと発展していくのではないかと期待してます。

続きを読む "タイのコーヒー文化"

投稿者: sakura TOPページへ   ▲画面上へ

コーヒー旅行記カテゴリーの記事一覧