コーヒーで糖尿病予防2

 今年一月二七日読売新聞夕刊に掲載された記事では、「カフェイン入りのコーヒーを一日六杯以上飲むと糖尿病になりにくい・・・こんな研究結果を米ハーバード大学などの研究チームが一二万五千人以上を対象に一二~一八年間にわたり追跡した大規模調査で明らかにした」と紹介していました。その調査によれば「一日にコーヒーを六杯以上飲む人は、コーヒーを飲まない人に比べ、糖尿病になる確率が男性で半減し、女性では三〇%減った」という内容でした。


 その他、『ランチセット』という有名な科学雑誌に紹介されたのは、オランダの研究で「コーヒーを一日七杯以上飲む人は、一日二杯以下しか飲まない人より糖尿病になる確率が低い」という記事でした。