コーヒーに含まれるカフェインで集中力が回復

 コーヒーが疲労感を取り去り、集中力を回復させることを証明するため、東京大学大学院医学系研究科の飯野正光教授は、学生76人を対象に実験を行いました。1桁の数字3個のかけ算を1分行った後、1分休憩。これを10回繰り返すのですが、途中、5回目と6回目の休憩時に、カフェイン入りとカフェインレスのそれぞれのコーヒーを学生に飲んでもらいました。


 するとカフェイン入りコーヒーを飲んだ学生のほうが、それ以降、だんぜん計算力がアップしました。カフェインの効用の一例です。