コーヒーに含まれるピラジン化合物

 倉敷芸術科学大学生命化学科の須見洋行教授の研究では「コーヒーに含まれるピラジン化合物という成分が、血液の流れを良くする」という報告もありました。


 また、コーヒーの主要成分であるクロロゲン酸には動脈硬化や各種のガンの原因にもなるといわれている、活性酸素を除去する働きがあるという研究報告も、世界各国の研究機関から届いています。