「国産コーヒー豆」収穫始まる!

 日本で数少ないコーヒー栽培園の「長崎スコーコーヒーパーク」(大村市寿古町、中島洋彦社長)で、コーヒーの実が真っ赤に色づき、収穫時期を迎えている。
 同パークは1982年、日本初のコーヒー園として開園。園内には高さ4メートル前後のコーヒーの木200本が生い茂る。収穫期は8月中旬まで。
 園内にはコーヒーのほか、パパイアやマンゴーなど多くの亜熱帯植物が植えられており「1年中南国気分が味わえる」(同パーク)。年中無休。入園無料。隣接するレストランでは本格的な国産コーヒーが味わえる。
(2006/05/13付 西日本新聞朝刊)


 お店の近くに フルーツパーク(名古屋市営)があり、現在コーヒーの花が咲いています。
 写真を撮って、皆さんにお知らせしますね。