コーヒーの粒

 コーヒーの豆を挽くのがコーヒーミル。
 豆のままでは、コーヒーの成分をうまく抽出できないので、豆を細かくする道具です。
 最近は、ミキサーのような電動のミル(業界ではプロペラ式ミルといってます)が普及していますが、手軽に購入はできる分、コーヒー豆にとっては良いものではありません。
 今回はコーヒーミルのうんちくです。


 コーヒーをお湯で抽出するとき、最初に「おいしい」成分がでて、後で抽出される出がらしは「まずい」という特徴があります。
 そして、粉にするとき、予想以上の摩擦熱もかかります。だから、豆を挽いたときにはとても良い香りがしますが、その分、豆自体の香りは飛んでしまいます。
 粒が大きすぎると、粒の周りは抽出できて、中は抽出できないことが起こります。
 細かすぎてもよくありません。粉にする際、必要以上に香りのアロマが飛びちってしまいます。
 また、粉の粒子がそろっていないと、お湯で抽出する際、ある粒は出がらしになってしまい、ある粒はまだ抽出できていないことが起こります。
 ドリッパーの中では、出がらしの細かい粒子は沈み、フィルターは目詰まりを起します。
 目詰まりを起すと、フィルターの上部からお湯が逃げてしまいます。(一部のコーヒードリッパーはこれを防止できます)
 一度挽いたコーヒーの粉を何度も挽くことは最悪。プロペラ式のミルは、粉が均一にならないばかりか、粉を何度も挽いて香りが飛び散ってしまいます。
 小麦粉も同じことが言えるのですが、粉にすることは意外と難しいことなのです。学問では粉体工学という分野もあるくらいです。
 コーヒーはどうしても生活に必要なものではなく、嗜好品。「ほっ・・・」と人を幸せな気分にしてくれる魔法の液体。
 せっかくなので、おいしく大切に飲んで頂きたいと思います。