コーヒーを漢字で書くと・・・

 コーヒーは、よく珈琲と書かれます。これは、当て字。江戸時代の蘭学者、宇田川榕庵の「蘭和対訳辞書」に始めて記載されたとされてます。
 「珈」は女性の髪にさす珠玉飾り、「琲」はそれ貫くひも。コーヒーの木に付いたコーヒー果実の様子を漢字で表していると言われています。
 他にも、可否、可非、骨非、骨喜、加非など、コーヒーにはいろいろな当て字が使われています。中国では、当て字ではなく珈琲の王偏が口になった漢字が正式名称となってます。カーフェーと発音します。
 中国の当て字はおもしろいですよね。スターバックスは星巴克と書くんですよ。