コピ ルアック

コーヒーを入れるときにつぶやく「コピ・ルアック」。
映画「かもめ食堂」の、おいしいコーヒーを入れるための、おまじないです。


でも、そもそもコピ・ルアックは、ジャコウネコの糞から採られるコーヒー豆のことです。
インドネシアではジャコウネコの糞に混じったコーヒー豆を取り出してきれいに洗浄して乾燥させた後、焙煎します。その量はごく少量なので、とても高値で取引されています。
ジャコウネコが面倒なコーヒーの実の収穫をしてくれるのですが、いろいろな品種のコーヒーを食べるので品質が安定せず、中にはまがい物も多いようです。なかなか本物をおいしく飲む事は難しそうです。
僕も飲んだことがありません。
似たようなコーヒーにイタチコーヒーというコーヒーもあります。
その名のとおり、イタチの○から採ったコーヒーです。

コメント

  1. こいつはマジで良い、あえて一つ欠点を挙げるとすれば、良過ぎる所だ。

    台湾じゃ良く道端で物を売ってる、大抵は大体どうでもいいもんばっかナンだが、たまに