コーヒーと蕎麦

コーヒーと蕎麦。何の関係もないこの二つの飲み物と食べ物。
でも、とても似たもの同士だと思うんです。
蕎麦が打ちたて、挽きたてが美味しいのは良く知られています。
実際に、僕も蕎麦打ち体験をしましたが、打ちたては全く味が違います。
打ちたての蕎麦をその場で食べたときは、とっても香りがよくおいしい。でも、家に持ち帰って食べてみると、全く美味しくない。むしろ不味いくらいでした。


コーヒーも「煎りたて、挽きたて、そして淹れたて」が一番おいしいく飲めます。
コーヒーも蕎麦も、単一の原料を加工します。香りを大切にし、出来たてをすぐに飲んだり食べたりする。
単一の原料なので、産地による味の違いがよく分かり、ごまかしも効きません。
蕎麦粉に挽く場合も、熱が出ないように挽きます。コーヒーも同じ。熱がでると香りが飛んでしまいます。
共に嗜好品的な要素が強く、人それぞれ好き嫌いがハッキリしますよね。
こんな蕎麦が僕は大好きですが、蕎麦は商売にせず、一人の蕎麦好きでいたいと思います。