グアテマラコーヒー

コーヒーの主な産地として中米の国、グアテマラは有名です。
爽やかな酸味と豊かな酸味が特徴のコーヒーです。
スターバックスなどでも販売されているグアテマラコーヒーですが、その生産量は全世界の3%前後と意外と少なく、その半数近くがアメリカに輸出されています。
国の正式名称は、グアテマラ共和国。人口約1300万人のおよそ半数がコーヒー産業に従事しているといわれる、まさにコーヒーの国。


アンティグア、レインフォレスト・コバン、アカテナンゴなど、8つのコーヒー栽培地域があります。コーヒーの木が直射日光にあたらないよう、コーヒーの木の脇にはシェードツリーと呼ばれる大きな木を植えているのがグアテマラのコーヒー農園の特徴。コーヒー農園は中米最大規模の人工森林となり、渡り鳥の避暑地として、また年間2600万トンの二酸化炭素を消化していると言われ、自然環境にやさしいコーヒー栽培地域となっています。
=========================================================
当店で販売しているグアテマラコーヒー  「クラッシック・マヤ」
http://www.coffeesakura.jp/SHOP/CGUA02.html
口の中に広がる上品な酸味、深みのあるコクが特徴です。アカテナンゴ産
=========================================================