2%のお徳コーヒー

コーヒー豆は挽くことで容量が少し減ってしまいます。
挽いたときに出るとても細かい粉(微粉と呼んでいます)が静電気などによりミル付近に付着し、完全に取り除く事は難しいからです。
さらに、コーヒーが渋くなってしまう原因に、この微粉が影響します。


微粉が混入すると、コーヒーが渋くなってしまうのです。
ですので、ミルを挽いた時に出る微粉は無理に使う事はせず、捨ててしまうことをお勧めします。
当店でも豆を挽いた時に微粉は廃棄しております。
廃棄する微粉の量は大した事はありませんが、当店では目減りを考慮し豆の状態で全て2%増しでパッケージされているんですよ。