プジョー

プジョーと聞くとフランスの車メーカーを思い浮かべます。
実は、コーヒーミルも作っているのです。


1810年水車動力を利用し製粉工場を営んでいたプジョー兄弟は、その動力を利用して金属加工工場を作りました。斧やのこぎりの刃、カンナ、ナイフ、かみそりの刃など生活に必要な道具を手がけ、その一つとしてコーヒーミルを製作しました。1840年のことです。
その後、プジョーは人々の生活を支え続け、1882年にはプジョー社初の自動車を生産しました。
コーヒーミルが誕生して160年以上。今も世界で愛され続けている商品です。