パナマ産コーヒー エスメラルダ農園 ゲイシャ種

パナマ産コーヒー「ラ エスメラルダ農園 ゲイシャ2008」(Hacienda La Esmeralda  Geisha 2008 Panama)を入荷いたしました。
ラ エスメラルダ農園 ゲイシャ2008
このエスメラルダ農園のコーヒー(ゲイシャ種)は凄い記録を持っています。
まず、2007年に開かれたパナマの国際コーヒーオークションで第一位を受賞し、1kgあたり約290ドル(約3万円)という史上最高値で落札されました。
http://auction.stoneworks.com/includes/pa2007/final_results.html


また、2004年から2007年まで4年間、パナマ産のコーヒー国際コンテスト「ベストオブパナマ」では毎年連続第1位という快挙。
他の、国際的なコーヒーコンテストにおいても第一位を獲得してしまうという驚きのコーヒーなのです。
出品すれば必ず優勝。そして価格が高騰してしまうので、とうとう2008年のベストオブパナマのオークションでは、エスメラルダ農園のためだけが特別に1日用意されて出品されました。農園側も今回は特別ということもあり、落札価格が下がることを承知で多くのコーヒー豆を出品していただけたようです。
そして、今回幸運なことにその貴重な「ラ エスメラルダ農園 ゲイシャ 2008」を50ポンドのみ当店で入荷をすることができました。
数量限定でなくなり次第終了です。
今回は特別にお値打ちに入荷ができましたが、やはり安くはありません。ちょっと高額ではありますがこの価格でご提供できるのは今年が最初で最後ではないかと思っております。是非ともこの機会に世界最高品質のコーヒーをお試しください。
非常に香りが強く、草原に生えた野花のような香りさえします。雑味がなく後味が非常にスッキリとしています。酸味はさわやかで、苦味はほとんどありません。
ラ エスメラルダ農園 ゲイシャ2008
Geisha(ゲイシャ)種について
スペシャルティコーヒーとして世界で最も注目を集めている品種。エチオピアが起源の原種から生まれたといわれております。ゲイシャ種は粒が大きくて細長い形をしているのが特徴です。しかしゲイシャ種はあまりにも生産性が低いため、長い間ほとんど注目されることがなく、現在では非常に貴重な品種となっています。
「Best of Panama」について
パナマ・スペシャルティーコーヒー協会とSCAA(アメリカ・スペシャリティーコーヒー協会)との共催で行われているインターネット オークションで、SCAAの採点基準に基づき国際審判員により予選を勝ち抜いたコーヒーのみが国際オークションにかけられ、世界各国のコーヒーメーカーに落札されています。
ラ エスメラルダ農園について
パナマ西部・バルー火山の山すそに広がる平均標高1600mの農園で、豊かな降雨に恵まれ農園内には天然林が保護されているなど、豊かな自然環境にも恵まれています。
また農薬を使うことなく完熟実だけを手摘みし収穫後の加工も細心の注意を払って行われているなど、世界最高のコーヒーが生産されることに納得させられる農園です。
このエスメラルダ農園は1960年代後半にロドルフ パターソン氏により農園経営が始められました。彼はスウェーデン系アメリカ人の銀行員で、退職後の余生のためにこの農園経営を始めたようですが、現在は第一線から退き、息子のプライス パターソン氏にこの農園経営を譲りっております。