サスティナブルコーヒー

「サスティナブルコーヒー」
聞きなれない言葉ですよね!
サスティナブルというのは、持続可能なというような意味で、サスティナブルコーヒーは持続可能性に配慮したコーヒーのことです。(日本サスティナブルコーヒー協会ホームページより)
この言葉は最近使われるようになりましたが、自然環境との調和を考え、安全なおいしいコーヒーを何世代も飲み続けられるように配慮されたコーヒーと考えてよいと思います。


サスティナブル建築という言葉もあるように、コーヒーだけでなく、全てにおいてサスティナブルな考え方はこれから必要になってくるのではないかと思います。
この数百年間コーヒーだけでなく全ての物事が効率化や大量生産を優先してきたと思います。そのお陰で随分と便利な世の中になりました。とても便利な商品やサービスが低価格で手に入れることができ、本当にありがたいことだと思います。
コーヒーも日本では収穫することができないのに、当たり前のように毎日飲むことができます。
ところが、これからも同じように大量生産や効率化を重視して生活をしていって良いのでしょうか?
何千年も地球で生活してきた人間がこの数百年の間に明らかに地球環境を脅かす存在になってしまいました。
また、数字という指標ばかりが重視され結果さえ良ければ良い。そんな風潮もあるのではないかと思います。本当に大切な幸せを感じようとせず、数字として良い結果が得られることに満足しているのではないかとさえ思います。
幸せは数字ではあらわすことのできない心の感情。そして人それぞれの立場で幸せの価値観は大きく違います。自分自身をコントロールする暇がないほど時間のスピードが早く感じらる世の中であるからこそ、忙しい毎日を止め、ゆっくりと落ち着ける時間を持たないと幸せを実感することはないのかも知れません。
忙しいは心が亡くなると書きますが、漢字はよく考えられていますね。