コーヒーがおいしい理由

暖かいホットコーヒー。寒い中、窓の外を見ながら飲むコーヒーは、本当においしいです。
そんなおいしいコーヒーですが、味が他の食べ物に比べて、特にすぐれているわけではないと思います。それなのに、世界中の多くの人に昔から愛されているのは、なぜでしょうか?
それは、コーヒーを飲んだとき、心を落ち着かせてくれる飲み物だから。
そして、心を落ち着かせてくれる大きな要因は、コーヒーの香り。コーヒーの心地よい香りは人の心をほっと和ませてくれます。


甘み、苦味、酸味、塩味、うま味や、のどごしといった味覚よりも、コーヒーの心地よい香りが、コーヒーをおいしくさせ、人を魅了させていると思います。
「怒り」という感情は、必ず自分自身を傷つけてしまいます。そしてその感情を押さえ込んでいれば、他人を傷つける事はないかもしれませんが、更に自分を強く傷つけてしまいます。
そんな恐ろしい怒りの感情も中和してしまい、心地よい感情を増幅させてくれることもある不思議な力をもっているのがコーヒーだと思うのです。
コーヒーミルでコーヒーを挽いて、その香りと時間の経過を楽しみ、お湯を沸かしてゆっくりとコーヒーを淹れる。そして、窓辺に座って外の景色を眺めながら薫り高いコーヒーを飲む。こうして出来たコーヒーはとてもおいしいのです。