一億2千5百万人

この数字、日本の総人口かと思いきや、実は世界のコーヒー産業従事者数でもあるんです。
世界の人口は67億人とも言われておりますが、そのうち約1,8%の人々がコーヒー産業に従事している計算になります。およそ60人にひとりの割合です。


すごい人数ですね。
そのぐらいコーヒーという飲み物に携わる人の数は多いのです。
そして、コーヒー豆の年間生産量は70億kg(700万トン)。
世界中の貿易で取り扱われる商品では、石油に次ぐ貿易商品とも言われております。
世界がもし100人の村だったらという本がありましたが、そんな村では2人の人がコーヒー農園で年間100kgのコーヒー豆を生産し焙煎して喫茶店を経営したり、コーヒー豆を販売していることになるのでしょうか?