日本のコーヒー豆消費量

毎日のように飲まれるコーヒー。
コンビニや自販機には所狭しと、いろいろな種類のコーヒーが並んでいます。
一体、日本ではどのくらい消費されているのでしょうか?


財務省の通関統計によると、2007年のコーヒー輸入量は煎り豆、生豆、インスタントなど全て含めて、煎り豆換算するで、34万トンとなります。
単純に人口で割ると、一人あたり年間2.6kg。月間、約200gとなります。
一方、世界の生産量は約570万トン(煎り豆換算)ですので、一人あたり年間0.85kg。
日本では、商業ベースでコーヒー豆を栽培することはできないのに、世界各国のコーヒーを飲むことができることは、本当にありがたいことですね。