おいしいコーヒーの飲み方

おいしいコーヒーを飲むための秘訣は、「3たて」!
1 煎りたて
2 挽きたて
3 淹れたて
他にも産地、焙煎方法、淹れ方など、いろいろな要素がありますが、もう1つ大切なことがあります。
それは、「おいしく頂く」ということ。


お料理も同じですが、欠点を探せば、まずくなりますし、コーヒー農園で働いておられる方々を思い浮かべて感謝して飲めば、おいしく飲むことができます。
ご存知のとおり、日本ではコーヒー豆を栽培することができません。多くは途上国から船で1ヶ月前後かけて輸入されたものばかりです。現地では、農園から港に輸送するだけでも一苦労です。
コーヒーの育たない日本で、そんな情景を浮かべることは難しいですが、少しでも頭の片隅においておくとコーヒーがおいしくなります。
コーヒーに限らず、どんなことも、求めればきりがなく、感謝の心を持つことができれば、いつでも幸せになれるはずですよね。
9年前まで10年間ほど経理の仕事をしていました。いくらお金があっても幸せになれないと、そのとき思いました。逆に争い事があるくらいです。
いつの間にか、幸せになるために、「幸せになる手段」を手に入れることが目的になってしまい、本来のみんなが幸せになるという目的を、つい忘れてしまう。よほど気をつけていないと目先の事柄にとらわれてしまい、つい忘れてしまうのだと思います。
皆様が幸せになれますように!