ローマ法王から洗礼を受けたコーヒー

17世紀、アラビアからベネチアを経由しローマに広まった頃、ある問題が起こりました。
元々、コーヒーはイスラム教徒の秘薬であったので、キリスト教徒は飲むべきものではないとされていたのです。
このときのローマ法王は、クレメンス8世。


側近がイスラムの飲み物だから、コーヒーを禁止しましょうと進言しましたが、コーヒー好きであった法王は、イスラムだけの飲み物としてしまっては、もったいないとして、コーヒーに洗礼を施しました。
そしてヨーロッパの人々は、堂々とコーヒーを飲めるようになったと言われております。
その後、数百年にわたってヨーロッパ中に数多くのコーヒーハウスができ、コーヒーは大流行しました。また、世界各国でコーヒーが栽培されるようになっていったのです。