コーヒーを味わう

爽やかな酸味とフローラルな香り。食べ物や飲み物は、舌の味覚や鼻の嗅覚を使って味わいますね。
ところが、コーヒーの味わい方は、他の飲み物と少し違う味わい方もあると思います。
それは、煙草を味わうような感じかもしれません。


外の景色をみながら、ゆっくりとコーヒーを飲むとき、物思いにふけることはありませんか?
そんなとき、コーヒーはいろいろな味わいを、かもし出します。今までの人生を振り返るように、人生を味わさせてくれます。
コーヒーの香りが心をリラックスさせ、コーヒーのほろ苦さが人生経験と共鳴。
そして、コーヒーのほろ苦さが、香りとともに消えていく。
誰もが必ず、ほろ苦い人生を経験し、それを克服しながら成長していく。
ルソーやバッハ。ナポレオンなどが、コーヒーに魅せられたのは、こういった味を感じていたかもしれません。
ナポレオンがコーヒーについて語った言葉をご紹介します。
コーヒーは温かさと不思議な力。そして心地よい苦痛を与えてくれる。私は無感よりも、苦痛を選びたい。
う~ん。さすがナポレオン。渋いですねえ。