ルソーの残したコーヒーへの想い

フランスの哲学者ルソーは、大のコーヒー好きだったようです。中世ヨーロッパでは、コーヒーは大変な人気で、贅沢品でした。そのため、ルソーは近所のコーヒーショップでコーヒー豆が焙煎されると部屋の窓を開け、漂って来るコーヒーの香りを楽しんでいたとも言われています。
そんな哲学者ルソーは、この世を去るとき、こんな言葉を残しています。
「ああ、これでコーヒーカップを手にすることができなくなった。」


それほどまでに、コーヒーを愛した哲学者ルソーは、コーヒーどんなところに惹かれていたんでしょうか。