コーヒーに浮く油

コーヒーに浮く油。
気になりますよね。
自分自身でコーヒーを入れるときは油が浮くことがないので、今まで気にすることはありませんでしたが、先日、ある方とお会いしコーヒーの話題のなかから質問を頂きました。
どうして、あの油は浮いているの?


コーヒーには、植物性の油分があります。
この油分は、極性がなく水に親和しない性質があり、水分よりも密度が低いため、コーヒー液に分離して浮いています。
その量はとても少なく、一杯のコーヒーから得られる油分のカロリーを測ることは出来ません。
味に悪影響もありませんが、見た目が悪いですよね。
では、どうして油が浮くときと浮かないときがあるのでしょうか?
コーヒーには油分が必ず含まれているので、コーヒーをお湯で浸せば、必ず油は浮きます。
ところが、ペーパードリップや、ネルドリップでコーヒーを淹れると、紙やネルに油分が吸着されてしまうのです。
それでも油が浮く場合は、ネルが綺麗に洗われていないことや、ペーパーの厚みが薄いこと。他に器具が汚れていることが考えられます。
また、金属フィルターなどでは、フィルターの目が粗いため、どうしても油分はフィルターを通過してしまいますので、コーヒーに油は浮いてしまいます。