世界のGDPとコーヒー

コーヒーは主に、途上国で栽培され、先進国で消費されます。
日本で流通しているコーヒー豆のほとんどが発展途上国産です。(99.9%以上)
では、生産国と消費国のGDPは一体どのくらいでしょうか?
総務省統計局発表の統計資料で調べてみました。


統計によると、2007年の国別の一人当たりGDPは以下のとおりとなっています。(米ドル換算 単位:ドル 名目GDP)
まず、主な消費国の一人当たりGDP。
日本         34,326
アメリカ       45,047
イタリア       35,585
ドイツ     40,162
カナダ        43,368
オーストラリア   45,590
イギリス       45,549
スイス     56,579
ノルウェー     82,465
フランス       40,090
次に生産国の一人当たりGDPです。
ブラジル       6,852
コロンビア      3,648
ベトナム       815
インドネシア     1,869
エチオピア     201
タンザニア     368
ちなみに、一人当たりGDPが世界でダントツに多い国はルクセンブルクの108,217ドル。最も少ない国はコンゴ民主共和国の151ドル。そして世界平均は8,191ドルとなっています。
経済的な格差は歴然となっています。
経済的に豊かであれば、必ず幸せになるとは限りませんが、経済的に恵まれた国に生まれたからには、その恵まれた環境をいかして自分の役割を少しでも果たしていくべきだと感じました。