感謝の習慣

感謝は、しても、されても嬉しいものですね。
些細なことで感謝できることもあれば、どんなに恵まれていても感謝できないこともあります。
この前は感謝できたのに、今回は感謝ができないというときもあります。
そのためには、ありがたいと感じるための時間が必要かもしれません。
毎日忙しく過ごし、難しいことばかり考えていると、恵まれているということに気がつかず、感謝することも忘れてしまうのではないでしょうか?


食前の「いただきます」。食後の「ご馳走さま」。
生きている動植物の命をいただき、食べ物を収穫したり加工していただく方々のお陰で、本当に様々な食べ物を毎日食べることが出来る。そんなことを思い浮かべながらいただきます、ご馳走さまを言えば、感謝せずにはいられないと思います。
食事だけではなく、ありとあらゆる当たり前のことは、感謝する対象になりえると思います。全てとはいいませんが、気がつかなければ当然のこととして済まされてしまうことは多いはずです。
そして、忙しくても感謝の習慣を身につけることで、感謝の気持ちを持ち続けることができると思います。
忙しい毎日。昼からの仕事が一段落した3時には、手を休め、ゆっくりとコーヒーを淹れて窓際で自然の景色を眺めながらコーヒーを飲んでみる。そんな習慣も大切かもしれませんよ。