せともの

愛知県瀬戸市。
県外に行くと瀬戸内海の町かと間違えられることもありますが、2005年には愛・地球博の会場にもなり、国際的にも少しは有名な町になったと思います。
そして、瀬戸市は、瀬戸物の町でもあります。
陶磁器を通称、せとものと言うくらい、瀬戸物の産地として有名で、市内にはあちらこちらに焼き物の窯が数多くあります。
陶磁器とコーヒーは切っても切れない関係で、コーヒーカップの歴史には、伊万里焼がヨーロッパに輸出されていた時代もありました。
こんな瀬戸市で、コーヒーの仕事ができて、とても嬉しく思います。
そして、当店のお客様にも陶芸家の方が何人かいらっしゃいます。
今回は、ある女性の陶芸家をご紹介したいと思います。
僕も何度か工房にお伺いしたこともありますし、そこで陶芸体験教室にも参加させていただきました。


瀬戸市品野町621-2
吉林三千代氏
コーヒーカップのほか、女性の作家らしくかわいい土鍋も制作されております。
陶芸教室では、コーヒーを飲みながらアットホームな雰囲気で芸術を楽しむことができます。
是非、焼き物の町瀬戸で、陶芸を楽しまれてはいかがでしょうか?