コーヒー豆の体積

 コーヒー豆って、みんな同じような形をしていますが、僕たちコーヒー屋からみると、産地や品種によって個性豊かにみえます。
 マンデリンは大粒で、モカは小粒。
 また、モカは細長く、ロブスタ種は丸いのが特徴。
 品種で言うと、ティピカ種、マラゴジッペ、パカマラなどは大粒です。



 栽培地域によっても違い、高地で収穫されたものは小粒になります。
 焙煎によっても豆の色や形が変わります。
 浅煎りは薄く、ときにシワが寄ります。深煎りは黒く表面がつるっとしており、コーヒーオイルが浮かんだり、表面が焙煎の力で割れたりしています。
 体積も違います。
 場合によっては、同じ重さでも容量が10%ほど違います。
 写真は左がマンデリンのやや深煎り、右がモカのやや浅煎りですが、同じ12g。
 コーヒー屋は、毎日、自分の顔よりもコーヒー豆の表情ばかりみているんです。(笑)