T型フォード

当店は瀬戸市にありますが、そのお隣には豊田市があります。
豊田市は、トヨタ自動車があることにちなんで改名された街。
瀬戸市が「せとものの街」であれば、豊田市はまさに「車の街」。
当店から車で20分ほどにはトヨタ博物館があり、多くの車が展示されています。
先日、初めて訪れてみました。
その中には、約100年ほどに発売されたT型フォードも展示されています。
1908年に発売され、以後1927年までに1,500万台以上も生産された名車とのこと。
IMG_8772.JPG


中には、ヘッドライトがローソクの車もあり、100年ほど前はこのようなレトロな
車が走っていたんだと、改めて驚きました。
1908年というと、ブラジルに多くの日本人が移民し、コーヒーの栽培を始めたころ。
そして、ドイツでペーパードリップが発明された年です。
この100年に大きく社会が変化し、経済が発展したということを実感しました。