インスタントコーヒー


インスタントコーヒーは、淹れたコーヒーを霧状にして粉末にしたり、
フリーズドライ製法でコーヒーエキスの塊にして作ります。
ですので、原料は100%コーヒー。
1900年ごろ、加藤サトリ氏が最初につくったとされています。


夏場の暑いときは、お湯を沸かすのもつらいですし、すぐにコーヒーを
飲みたいときは、インスタントコーヒーが便利。
しかし、インスタントコーヒーといっても、やはりコーヒー。
開封したら、香りはどんどん放出され、酸素による劣化も進みます。
開封後は、お早めに飲みきってしまうことをお勧めします。
最近は、多くの種類のインスタントコーヒーが発売されています。
飲んでみると、それぞれ、まったく違った味わい。
お気に入りのインスタントコーヒーを見つけてみるのも楽しいと思いますよ。