コーヒーの香り

コーヒー豆
コーヒーの香りって、癒されますね。
しかし、この香りの正体は、いまだに十分解明されていないんです。
このコーヒーの香りは、メイラード反応によるもので、非常に多くの化学反応の集まり。
その反応によって、数百種類もの物質ができ、複雑な香りを作っていると言われています。


メイラード反応は褐変反応ともいわれ、アミノ酸と還元糖というものにが反応し、
主に熱を加えて茶色の色素が形成される反応。
ほかに、米やパンが焦げるなどの例があります。
コーヒー豆は焙煎する前は、ほんの少し緑がかった白い種。それが、200℃ほどまで焙煎
されることで、焦げ茶色に変わり、なんとも言えない香りが発生するんです。
コーヒーの香りは、いつまでも未知の香りであって欲しいです。