エアロプレスコーヒーのおいしい入れ方(Aero Press)

aero press
新型のコーヒーメーカーAero Pressを使い始めて1ヶ月経ちます。
空気に圧力をかけ、コーヒーエキスを抽出するという今までにない新しい発想でコーヒーを入れます。
ハンドドリップに必要だった蒸らしや、ドリップのテクニックは必要ありません。
おそらく、高い空気圧でコーヒーの粉に含まれるコーヒーエキスが素早く追い出されてお湯に溶けだすのではないかと考えています。
この一か月間、いろいろなコーヒーの種類を試し、コーヒーの分量も変えたり、入れ方をいろいろ工夫しエアロプレスコーヒーの美味しい入れ方を研究してきました。


この入れ方をマスターすれば、難しいテクニックなど必要なく、おいしいコーヒーを誰でも簡単に入れることができます。
コーヒーの分量は一杯(120cc)あたり10g。
一度に3杯まで入れることができます。
コーヒーの挽き方は中粗挽き(挽いた粉の直径が2mm以下で揃えます)、その粉をエアロプレスに入れ、90℃のお湯を注ぎます。
注ぐ量はお湯がこぼれない程度で9分目ほど。ただし一人分のときは半分まで。
お湯を注いだら、大きめのスプーンで勢いよく20回ほど撹拌します。
その後、ピストンで軽く力を入れてプレスします。
出来上がったコーヒーエキスにお湯を足し、一人分120ccに調整します。
雑味のない、おいしいコーヒーが簡単に出来上がります。
最後に、エアロプレスのお勧め点として、後片付けが簡単なこと。
そして、使った紙フィルターは、かるく水ですすいで再度使用することもできます。