幻のコーヒー、コピ ルアック

映画「かもめ食堂」の、おいしいコーヒーを入れるためのおまじないにもなった「コピ ルアック」。
そもそも「コピ ルアック」は、ジャコウネコの糞から採られるコーヒー豆のこと。


インドネシア産のコーヒー豆のごく一部ですが、ジャコウネコの糞に混じったコーヒー豆を取り出してきれいに洗浄してコーヒーの原料にします。生産量はごく少量なので、とても高値で取引され、幻のコーヒーとも言われています。
ジャコウネコが熟したコーヒーの実を食べて収穫をしてくれるのです。
完熟したコーヒー豆のみが選ばれているという触れ込みですが、味わいは普通のコーヒーと大差ありません。
やはり、焙煎したての「コピ ルアック」が美味しいようです。