コーヒー豆はコンテナ船で運ばれてきます

コーヒー豆輸送

コーヒー豆は、遠い生産国から主にコンテナ船で運ばれてきます。
多くの場合、20フィートのコンテナに、60kgのコーヒー豆麻袋が280袋ほど入れられます。
インドネシアのコーヒー精製工場に行ったとき、ちょうどコーヒー豆を出荷する場面に立ち会うことが出来ました。


ここでは、人海戦術でコーヒー豆をコンテナに詰めています。約1時間半、人々がひと袋ずつ担いでコンテナに詰めていきます。
こうやって詰められたコーヒー豆は1ヶ月後には日本に到着し、当店まで届けられます。
そして、店頭で焙煎されてから皆様のご家庭に届きます。