コーヒーハウスのウエイターは、13歳より募集

コーヒーハウスのウエイターは、13歳より募集というのは、昔の話。
今から90年ほど前の大正時代、日本では少しずつ喫茶店が開店しはじめました。
そして、その当時は雇用する際の年齢制限が法律で制定されていなかったこともあり、小学校を卒業した13歳からウエイターを募集していました。


今では考えられませんが、海外では、まだまだよくある話。
特にコーヒー生産国は、発展途上国ばかりなので、子供の就労は日常茶飯事です。
かといって、その子供たちに心の貧しさは全く感じません。
子供たちは、働くことで人の役にたち、自分の存在価値を実感している。
だから毎日の生活は活き活きとし、積極的に勉強をして、もっと人のために働きたいと感じているのかもしれないと感じました。