コーヒー豆は、白色から茶色に変身


コーヒー豆

先日、お客様からご質問をいただきましたので、ここにも書かせていただきます。
普段見るコーヒー豆は、茶褐色で、とても良い香りがしますね。
でも、これは焙煎されたコーヒー豆であって、その前は白い色をしているんです。
独特のコーヒーの香りもしません。
ほんのりと穀物の香りがします。


コーヒー豆は、もともとはコーヒーの木の実の種。
その種は固く青白い色をしています。
まるで、豆のような形をしているので、コーヒー豆と言われ、英語でも「Coffee Beans」 と言います。
熱を加え、焙煎することで、独特のコーヒーの香りが生まれ、茶褐色に染まり少し大きく膨らみます。