ハワイコナコーヒーは日本の味

1886年に始まった日本人のハワイ移民は1924年まで続き、多くの人々がサトウキビ農園の労働者となりました。
その後、彼らは過酷な労働から逃れ独立するため、ハワイ島コナ地区でコーヒー栽培を始めました。
1930年ごろになると、ハワイ島のコーヒー生産者のうち90%ほどが日本人となります。


日本では日本産のコーヒーを飲むことはできませんが、日本人が作ったハワイのコーヒーを飲むと、日本の味を味わうことができるかも知れませんね。