コーヒーミルから出る微粉


コーヒーミルを使って、豆を粉にすると必ず微粉といって、粒子の細かい粉ができます。
写真一番左が、業務用コーヒーミルを使って挽いたコーヒーの粉。
その右側が、茶こしを使って微粉を取り除いたコーヒーの粉、その右が取り除いた微粉です。
微粉を取り除いたコーヒーの粉は粒子がそろっているのが分かると思います。


コーヒーを淹れるとき、この微粉が渋みの原因となります。
性能の良いコーヒーミルほど、この微粉が少なく、コーヒー粉の粒子も均一になっています。
細かい粒子が多く入っていると、余分な成分も抽出されて渋くなり、粗すぎると成分が十分に抽出されず、コクのない薄いコーヒーとなります。
粒子がそろっていると、コーヒーのおいしい成分だけを均一に抽出することができます。
また、この微粉は深煎りのコーヒーになるほど、出やすくなります。
写真一番右は、深煎りのコーヒー。同じグラム数を挽いたその左にある中煎りのコーヒーと比べて微粉が多く出ているのが分かります。