コーヒー豆の焙煎技術を競い合うローストマスターズチャンピオンシップ

ローストマスターズチャンピオンシップ

全国の焙煎職人が集まり、おいしいコーヒー豆作りの技術を競い合う大会があります。
この大会はローストマスターズチャンピオンシップといい、焙煎職人の交流と焙煎技術の発展を目指し日本スペシャルティコーヒー協会が開催しています。
大会当日は、そのコーヒーを会場の皆さんや審査員に飲んでもらい、コーヒーの香りや味を競い合います。
今年は全国から42名の焙煎職人が参加し、僕も初めてエントリーしました。
2012年9月28日午後1時より、東京ビックサイトで行われます。


大会までに、焙煎職人は地域ごとに6グループに分かれ、地域ごとに集まり提供されたコーヒー豆を焙煎します。
先日、中部地方の焙煎職人10人が集まり、提供されたコーヒー豆をどう焙煎したらそのコーヒーの個性を引き出せるのかを議論しました。課題となったコーヒーは、グアテマラ産ヌエバ・グラナダ農園のコーヒー。
場所は岡崎市にある豆蔵さん。(岡崎市細川町字長根38-4)
豆蔵さんの所有する焙煎機を使い、焙煎、テイスティング、検証を繰り返しました。
5回ほど焙煎を重ね、理想の味に近づけていきましたが、再度集まり本番に向けたおいしいコーヒーづくりをする予定です。