ゴールドフィルターなど金属製フィルターの豆の挽き方

コーヒーを淹れるとき、紙フィルターを使わない金属フィルターが数多く発売されてきました。
現在、elfoゴールドフィルター、ハリオ カフェオール、KINTO CARATコーヒードリッパー などが発売されています。
このとき、コーヒー粉の挽き方に迷われる方があるかもしれませんが、基本的にペーパーフィルターと同じで大丈夫です。
その後、コーヒーを入れてみて薄くコクがなければ少し細かめに、渋みが強く濃いと感じれば少し粗めに挽いていただければOKです。
それは紙フィルターでも同じこと。


紙フィルターであっても紙の厚みや密度が違うため、この粗さが正しいということはありません。ネルフィルターでも同じです。
ただし、金属フィルターは紙フィルターやネルとは違い、目に見えるほどの穴が開いているので、非常に小さなコーヒーの粉も一緒に抽出されてしまいます。
そのため、どうしても粉っぽいコーヒーになってしまいますが、それを少しでも防ぐためにはコーヒー粉を粗めに挽いてください。
味が薄くなりがちですが、ゆっくり注いだり、粉を多めにして調節して、お好みのコーヒーを楽しんでいただければと思います。