好みのコーヒーの見つけ方


コーヒーは嗜好品で、なかなか好みの味を見つけることが難しいですね。
コーヒーの味を分解してみると、苦み、酸味、甘み、コク、香り、エグミなどがあります。
エグミというのは、渋みというか、舌に刺さるような嫌な味。
一般的に、甘みやコク、香りを嫌う方は少なく、エグミを嫌う方が多いですが、苦みや酸味は好きずきがあります。
酸味を強く感じる人、苦みを強く感じる人。
コーヒーが嗜好品である理由はここにあると思います。
店舗の試飲コーナーで、飲んでいただくと、人それぞれの好みの違いがはっきりと分かります。


酸味、苦みがともにないというコーヒーはありませんが、まずは、エグミがなく、酸味、苦みがなるべく少ないコーヒーから味わってみるとよいと思います。
その後、苦みのあるコーヒー、そして酸味のあるコーヒーを飲んでみると好みの味が見つかるのではないかと思います。