同じコーヒー豆を使い、全国の焙煎職人が腕を競ってきました

コーヒーティスティング

先日4日、同じコーヒー生豆を使い、それを全国の焙煎職人が焙煎し、出来上がったコーヒー豆持ち寄り飲み比べをするという企画に参加してきました。
課題となったコーヒー生豆はコスタリカ産エルバス農園のコーヒー(アラビカ種ビジャロボスという品種)。
全国32名の焙煎職人によって焙煎されたコーヒー豆は、東京のティスティング会場に届けられました。


テイスティングをするのは焙煎をしたその職人達。残念ながら全ての方が集まることはできませんでしたが、半数の16名の焙煎人たちが東京に集まり、全てのコーヒーを飲み比べました。
コーヒー豆の本来の持ち味を活かしているか、香り際立っている、口当たりはどうか、そんな様々な角度から、たくさんのコーヒーの味を確認してきました。
そして、それぞれのコーヒーはSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)で定められたコーヒーの評価をされました。
当店のコーヒーの良さ、他店のコーヒーの素晴らしさを、自分の舌で確認することができる大変有意義なイベントでした。
この経験を活かし、より美味しいコーヒーを皆様に飲んでいただけるように努力していきます。
そして、この企画を立ち上げて下さった方々に感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございます。