ハワイコナコーヒーが害虫の被害にあっています

ハワイコナコーヒーの歴史は、日本人が育ててきたといっても過言ではありません。
1930年ごろでは、ハワイ島のコーヒー生産者のうち90%ほどが日本人でした。
そんなコナコーヒーですが、今年は害虫の被害にあっています。
コーヒーベリーボアラー(CBB)という1mm程度の小さな虫で、コーヒーの実から入り込み種を食べてしまいます。


状況は深刻で、現在仕入の予定がたっていません。
なんとか1kgだけ確保していますが、今後安定的に入荷できるか未定のまま。
ハワイコナコーヒーの日本への輸入量は、0.3%にも満たないほど貴重なコーヒーですが、今後更に貴重なコーヒー豆となりそうです。

ハワイコナコーヒーが害虫の被害にあっています

ハワイコナコーヒーの歴史は、日本人が育ててきたといっても過言ではありません。
1930年ごろでは、ハワイ島のコーヒー生産者のうち90%ほどが日本人でした。
そんなコナコーヒーですが、今年は害虫の被害にあっています。
コーヒーベリーボアラー(CBB)という1mm程度の小さな虫で、コーヒーの実から入り込み種を食べてしまいます。

続きを読む